注意して生前贈与をしよう

注意するべき部分を把握しよう

銀行をコロコロ変えないようにする

毎回お金を振り込む銀行は、一定にしてください。
異なる銀行を複数使っていると、怪しまれることが多いです。
また、子供が住んでいる住所から近い銀行を利用してください。
登録した住所から離れていると、子供以外の人間が口座を使っているのではないかと疑われてしまいます。
子供と離れて暮らしている場合は、わざわざ遠くの銀行に行くのが面倒かもしれません。

しかし手間を惜しむと、減税効果がなくなります。
きちんと子供の住所に近い銀行、または子供がよく利用している銀行へ行ってください。
子供と頻繁に会えるのだったら直接お金を渡して、口座に振り込むことは子供にやってもらってもいいと思います。
すると、子供だけが口座を使っているように見えます。

通帳や印鑑などを管理する人

口座を利用する時は、通帳やカードを使います。
それを親が管理していると、本当は子供に財産を贈与していないと思われてしまいます。
必ずそれらは、口座の名義になっている人が管理してください。
口座を開設した時に、印鑑も必要になります。
印鑑も名義の人が管理しましょう。
通帳、カード、印鑑を名義の人が管理していれば、疑われることはないと思います。

子供があまり口座を使用しない場合でも、預けてください。
税金対策をするために、子供に財産を渡すのは非常に有効です。
しかし方法を間違えるとまったく意味がないので、税金を支払わなければいけない結果になります。
対策を1つや2つしているだけでは足りません。
たくさんの対策をしておきましょう。