注意して生前贈与をしよう

疑われないために準備しておこう

贈与税が発生する場合がある

例え子供の口座にお金を振り込んでいたとしても、相続税が発生してしまう可能性があります。
それは、子供がまだ小さく自分で口座を管理できない時です。
子供の口座からお金を引き出して親が使っていると、子供の財産として認められません。
お金を贈与していないと判断されます。
ですからきちんと子供にお金を渡していると証明する必要があります。

まだ子供が小さい状態でも、子供に贈与していることを認めてもらえれば税金は免除されます。
どんな方法で認めてもらえばいいのか、また疑われた時のために、どんな対策ができるのか調べてください。
自分は財産を贈与しているつもりでも、認めてもらえないケースが見られます。
急にそうなったら困るので、事前に対策しておきましょう。

書類を準備すれば安心

税金対策をする際は、贈与契約書を作るのが最適です。
書面で契約を交わしていれば、疑われても贈与していると証明できます。
いつ疑われるかわかりません。
万が一のことを考えて、早めに用意しておきましょう。
いくつか、贈与契約書を作る際の決まりがあります。
まずは、親と子供両方の署名が必要になります。
これは、誰かが代筆することはできません。

必ず親も子供も、自分で書いてください。
そしてハンコも自分で押します。
直筆で名前を書かないと、契約書の効果を発揮できないので注意してください。
パソコンで名前を入力して印刷しても、意味がありません。
直筆でないと、誰が契約を交わしたのか判断できないからです。
面倒でも、親と子供が書きましょう。