注意して生前贈与をしよう

無駄な出費を減らすためにできること

1年間で110万円以内

子供にお金を贈与していい金額は、1年間で110万円を超えないでください。
これ以上の金額を贈与すると、税金の対象になってしまいます。
110万円を越えなければ、贈与は支払わなくていいという決まりになっています。
毎月、子供にお金を渡す人もいるでしょう。
どのくらいずつ渡せば、110万円を超えないのか計算してください。
計算が面倒な人がいると思います。

それなら1回で大きい金額を渡してもいいですが、いきなり大量のお金を渡されると、子供は無駄遣いしてしまう可能性があります。
好きなものを大量購入して、あっという間に使いきったら困ります。
その点が心配であれば、毎月少しずつお金を渡した方がいいです。
子供の性格を、考慮してください。

親が渡せる金額だと覚えておこう

たくさんのお金を持っていると、収める税金が多くなってしまいます。
子供に多くお金を贈与して、相続税を免除したいと考えている人も少なくありません。
そこで母から110万円、父からも110万円を渡せば大丈夫だと思っている人が時々見られます。
しかしそれは親から220万円を贈与されたことになります。

つまり法律で決められている110万円を超えるので、相続税を支払わなければいけません。
母親でも父親でも、親は親です。
両方から贈与する金額を合わせて、110万円を超えないように注意してください。
この部分をよく調べないで、子供に大量のお金を渡してしまう人がいます。
あとから高額な相続税が発生して、驚くことにないように決まりを知りましょう。