注意して生前贈与をしよう

いくらまで贈与できるのか

高額な税金が発生すると、負担が大きくなってしまいます。
しかし工夫することで、節税できると知っていましたか。
生前贈与という方法で相続税を削減できるので、実践してください。
親が子供に、生きている時から遺産としてお金を譲る方法になります。
しかし、どんな金額でも与えていいわけではありません。
税金が免除される金額が、決められています。
決められた金額を越えないよう、計算しながら贈与してください。

子供がまだ小さくて、自分でお金を管理できない場合があります。
その時に、子供の名前で作った口座にお金を振り込んでとしても親のお金だと判断されるかもしれません。
すると税金が発生します。
疑われた時に、子供へお金を贈与したと証明できるよう書類で契約することをおすすめします。
贈与契約書という書類があるので、疑われた時にそれを見せると似疑いは晴れます。
事前に用意していないと、急に疑われた時に困ります。

お金を振り込む口座は、子供に作らせてください。
親が勝手に作って、勝手に振り込んでいると税金逃れだと疑われてしまいます。
口座を作る時は、書面に住所を記入します。
もちろん子供が作った場合は、子供が現在暮らしている自宅の住所を記入することになります。
それなのに、お金が住所から遠く離れている銀行から振り込まれていたり、毎回異なる銀行から振り込まれていると不審に思われます。
子供の住所に近い銀行や、毎回同じ郵便局から振り込んでください。

無駄な出費を減らすためにできること

たくさん子供にお金を贈与すれば、節税対策になると思っている人はいませんか。 しかし大量にお金を一気に贈与すると、税金が発生します。 どのくらいの金額を贈与すればいいのか詳しく調べてから、節税対策を実践してください。 決められた金額の範囲内であれば、相続税は免除されます。

疑われないために準備しておこう

きちんと、子供に財産を贈与していると認めてもらわなければいけません。 子供がある程度成長して、自分でお金を管理できる年齢になっていれば認められやすいです。 しかし子供が小さいうちは、自分で管理できないので結局親が管理します。 すると親の財産だと思われることが多いです。

注意するべき部分を把握しよう

贈与契約書を作成しても、まだ不安かもしれません。 きちんと税金対策をするために、気をつけた方がいいことはまだまだあります。 普段から気をつけてお金を振り込んでいれば、変に疑われることはないでしょう。 どこから振り込めばいいのか、よく考えてください。